FC2ブログ

漫画と映画



こちら

で僕の描いた読み切り、サカナマンがPCで読めるみたいです。
2ヶ月間無料配信されるそうです。
読みたくなっちゃった人はぜひこちらで読んで、また感想などもらえたらうれしいです。



近況報告。
・ボツ祭り。面白いマンガが描けない僕の頭に天誅!!!!
・学校がいつの間にか終わっていた。みんな卒論がんばったみたい。
・映画をたくさん見ています。週に5本以上はみていきたいです。


というわけでオススメ映画コーナーです。
ほぼオススメされて観ています。
オススメの映画ありましたらコメントなどで教えてください。


・キツツキと雨
キコリのおっさんと、若い映画監督のお話。おっさんと監督の会話のテンポや
関係の深まり方が面白かったです。

・パルプフィクション
なんかよくわからない会話が繋がってたり意味があったりして。なかったりして。
二回以上みたくなる映画でした。

・ゆれる
お兄ちゃんが人を殺して裁判になっちゃうお話。香川さんかっこいい。

・百万円と苦虫女
世間に馴染めない系の人が100万円たまったら違う街にいく話。
世間に馴染めない気持ちがひしひしと伝わってきて。世間に馴染めている人は
見てもさほどなにも感じないのでは?と思いました。


・ノッキンオンヘブンズドア
死の宣告を受けた二人が海に行くという話。コメディタッチでみてて飽きないし、楽しい。
こういう友情っていいね。と思えたり。 僕はかなり好きでした。ギャングの二人がかわいいです。


今回はこれだけで。
またたくさん借りてるので次回もオススメできたらいいなと思います。


では!!!!

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

おめで鯛!!!



僕の友人である吉本ゆーすけさんがアフタヌーンという漫画雑誌で
なんと連載が決まりました!  今月号にその告知がのっています。

fsaga


すごい!!!


おめでとうございます!!!



連載っていうのは、すごいことなんですよ。
ほんと、すごいことなんです。


僕はというと読み切りのネームを描いていますが
一向に通りません。つまりそういうことなんです!!
すごいんです!!!


がんばろうと思いました。
吉本先生の「ミズサキマキ」は6月号からのスタートです。
発売は4月になるのかな?また決まったら告知したいと思います。


では!

月刊スピリッツ二月号にてサカナマン掲載!

月刊スピリッツ二月号にて、サカナマンが掲載されました。


実はウソではないかと思っていたのです。ほんとにのってました。


asafafasf
fsasaffsa
dsadas


こんな感じで喜びをあらわにしております。
「この才能を見よ!」とか書かれています。もはや天狗を通り越してしまいます。
いや、ほんとはなんかもう恥ずかしいです。


是非買って読んでもらえると嬉しいです。
そしてどんな意見でももらえればうれしいです。
ツイッターやメールでお願いします。
アンケートやファンレター的なものをもらえたら

それはもー大変嬉しいです。




では!

続きを読む

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

活きがいい

こんにちは。寒いですね。
浜松でも雪が降りました。
実家の金沢はもっとさむいでしょうに。



で、またスピリッツこっそりのってました。
a

このページを見てもわかるとおり、絵がウーン。
画力はいろんな人にウーンと言われ続けています。
早いとこウン!って切れのいい感じで言われたいです。



で、告知。

12月27日発売の月刊!スピリッツにて掲載決定!!!


らしいです。どうぞみなさん書店にいって月スピ買い占めましょう。
なかったらアマゾンでもなんでもいいのでネットで買いましょう。
便利ですねー。ネット社会。


また載ったらいいます。



そしてネーム大賞も進展がすこしありました。
http://www.ustream.tv/recorded/27596443#utm_campaign=t.co&utm_source=27596443&utm_medium=social

この動画の55分あたりかな?やいのやいの言っていただいてます。
イイネ!というふうに○を二人の審査員の方につけてもらえて、とても嬉しかったです。
そしてサカナマンの宣伝までしていただいて。本当にありがとうございます。


また審査発表までゆっくり待とうと思います。


さっさともう一作
雑誌掲載されるようにがんばります。では。

第四回ネーム大賞

こんばんはー!


今日はネーム大賞について書こうとおもいます。
ネーム大賞というのはブラックジャックによろしくや海猿で有名な
佐藤秀峰先生が経営している漫画onWebというサイトで行われている漫画賞です。


普通の漫画賞とは違い、ネームという下書きでみてもらえて、かつ賞金もでるという
太っ腹な賞なのです。さらになんとなんと、プロの評価もいただけるのです。
ネームは30P一週間とかでもかけますが、原稿だと30Pは一ヶ月くらいかかってしまうと思います。
人それぞれですが、圧倒的に労力が違います。


それなりに漫画を一本完成させるというのは大変なのです。
しかもネーム段階で面白くない漫画は完成しても面白くない。
つまりネームで見てもらえるとものすごーく楽チンなわけです。
本来、賞をとったりして担当がつき、ようやくネームで見てもらえる立場になるんです。


らくしてんじゃねぇ!というかもしれませんが、やっぱりらくしたいんです。


というわけで第二回ネーム大賞からその存在を知って、応募しました。
結果は散々でしたが講評をいただき、それを元に改変して原稿化しました。

それが入選を頂いたサカナマンなわけです。



という詳細が
こちらのネーム大賞の日記で紹介されました。


なんというかいろいろやってみるもんだなーとしみじみ思っています。
なんでも作ってなんでも公の場に出していくことはいい事なんじゃないかなと思います。


今、第四回ネーム大賞にも出していて第一次審査の中間はありがたいことに通過させていただきました。

こちらの48番「負け時々タンポポ組」

という漫画です。


読めるのでよかったら読んで、感想などいただけると嬉しいです。


こうしてたくさんの人の漫画が読めるのは、一漫画好きとして嬉しいですし、
漫画を描いてる人との交流も生まれて楽しいです。
斬新な漫画賞、それがネーム大賞!!




ではまた。





ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる